歯周病治療|茨木クローバー歯科・矯正歯科

  • オンライン初診予約
  • TEL:072-697-8829
歯周病治療
PERIODONTAL 
TREAMENT

歯周病は歯を失う原因第1位です

歯の喪失の原因

歯周病は歯を失う原因のトップであり、虫歯と並び歯を失う大きな原因となっています。
歯を失う原因の4割以上は歯周病であり、歯周病は国民病とも言えます。

歯周病とは

歯周病の進行

歯周病とは、歯と歯茎の間に細菌が繁殖し、炎症を起こす病気です。
歯と歯茎の間に歯周病菌が侵入し、歯槽骨に到達すると歯槽骨を破壊します。
要するに、歯周病になると歯肉や支える骨が溶けてしまいます。
歯周病が悪化し、重度化すると歯周炎(歯槽膿漏)になり、最終的には歯が抜け落ちることもあります。

歯周病は静かに進行する

歯周病は、初期段階ではほとんど自覚症状はなく、気が付いた時には症状がかなり進行してしまっていることが多いことから「サイレント・ディジース(静かな病気)」と呼ばれています。

歯周病が進行すると…

歯周病はお口の病気ですが、重症化してくると細菌や細菌が作った毒素が血液を介して全身を巡ることで様々な疾患を引き起こすリスクがあることがわかっています。

また、最近では歯周病と糖尿病は互いに悪影響を与えあうことが判明しています。
お口の健康は全身の健康と密接に関係しているのです。

歯周病が引き起こす病気・症状

歯周病セルフチェック

こんな症状に心あたりはありませんか?

チェックが0個

これからもきちんと歯みがきを心がけ、少なくとも1年に1回は歯科検診を受けましょう。

チェックが1〜2個

歯周病の可能性があります。まず、歯みがきのしかたを見直しましょう。念のため、歯科医院で歯周病でないかどうか、歯みがきがきちんと出来ているか、確認してもらった方がよいでしょう。

チェックが3〜5個以上

初期あるいは中等度歯周炎以上に歯周病が進行しているおそれがあります。早めに歯科医師に相談しましょう。

公益財団法人8020推進財団より引用

歯周病の治療方法

当院の歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

医院ではまずは歯茎を検査します。
それから歯をクリーニング、歯石を除去します。
それから再検査し、改善が見られない場合は歯周病外科手術を行うこともあります。

歯周病治療の詳細

1. 口腔内撮影、レントゲン撮影

まずは現状を把握するため、患者様のお口の中を撮影します。
また、骨の状態を把握するためにレントゲンを撮影を行っています。

2. 歯茎の検査(1回目)

歯周ポケットの深さ、炎症・出血の有無、歯石の付き具合、歯がグラグラしていないかなどを調べます。

3. クリーニング・歯石取り

歯周病の原因となっているプラークを取り除くために歯の表面に付着した歯垢や歯石を除去します。

歯肉炎や初期の歯周病であれば、汚れ(歯垢、歯石)をクリーニングするプロフェッショナルケアで治ることもあります。

必要に応じて歯みがきの仕方を提案させていただくこともあります。
正しいブラッシングは、きれいな口腔内を維持することにつながり、治療の効果を高めることにもつながります。

4. 歯茎の検査(2回目)

汚れ(歯垢、歯石)の除去と正しいブラッシングで初期の歯周病であれば症状は緩和されますが、中等度以上の場合はそれでは治りません。

そこで2回目の検査をします。

5. 歯茎の歯石の除去

歯石の除去

2回目の検査で改善が見られない箇所については歯の根の歯石を丁寧に除去します。

6. 検査(治療効果の確認)

歯周ポケットの歯石を除去する(SRP、スケーリング・ルートプレーニング)ことで歯周病は大きく改善します。
この処置により中等度の歯周病であれば改善する可能性が高いです。
改善すれば後は定期的にメインテナンスしていきます。

予防こそが最高の治療

カウンセリング

歯周病は初期段階では自覚症状はほとんどなく、気が付いた時にはかなり進行していることが多いです。
そうなる前に、定期検診を受けるなどしてお口の健康を守っていくことが大切です。

お口のことで気になることがありましたら、歯科医や衛生士にお気軽にご相談ください。

⇒ 定期健診はこちら

歯周病治療に関するQ&A

  • A:結論から言うと、歯みがきで歯周病を治すことは出来ません。
    歯磨き粉の中には歯周病の治療効果を謳っているものもありますが、大半は一時的に炎症を抑える働きがあるものの、根本的に治すことは出来ません。
    また、歯みがきによりプラークを取り除くことは出来ても、歯周病の根本原因である歯石を取り除くことは不可能です。
  • A:歯周病が重度にまで進行していれば手遅れの場合もあります。

    では、重度の歯周病は、
    ・噛むたびに歯茎が痛む
    ・歯がグラついて強く噛むことができない
    ・歯茎が下がって歯が長く見える
    ・口臭がひどい
    ・歯茎が腫れて、血や膿が出ている
    という症状で、放っておくと歯が抜けてしまいます。
  • A:歯周病を見た目から見分ける方法をご紹介します。

    歯肉から出血している
    歯周病のもっとも重要な症状のひとつです。
    歯みがきをしたり、硬い物を食べたときに出血していたら、歯周病を疑うべきでしょう。
    歯がグラグラする
    歯周病が進行すると、歯をささえる骨や歯垢骨が溶けて歯がグラグラします。
    ひどくグラつく場合は別として、普段は気付かないことが多いです。
    歯が移動する・位置が変わる
    「前はこんなに隙間が空いてなかったのに」「この歯はこんなに出ていなかったはず」など、気が付けば歯が動いているということがあります。
    ただ、歯が動いていたら必ず歯周病だということではなく、歯の移動には様々な要因が複雑に絡んでいます。
    歯周病が原因だった場合、治療をすることで歯の位置が元に戻ることがあります。
  • A:歯周病予防で大切なのは、歯垢が付かないようにすることです。
    毎日の歯みがきと定期的な歯石の除去が重要です。
    歯みがきは毎日なにげなく行っていますが、正しいブラッシングを身に着け、効果的に汚れを除去出来るようにしましょう。
    また、歯みがきで落とせる汚れは60%程度であるため、フロスや歯間ブラシなどの補助ツールを使い、歯ブラシが届きにくい箇所の汚れにもアプローチするとさらに効果的です。
  • A:歯ブラシのみで歯の清掃をしている人
    歯ブラシが届きにくい場所には汚れがたまりやすいので、フロスや歯間ブラシも使い、プラークを効果的に除去しましょう。
    タバコを吸う人
    歯の表面に着いたヤニに汚れが着きやすくなり、また、喫煙すると抵抗力や免疫力が下がることからも歯周病になりやすくなります。
    ストレスをためやすい人
    ストレスにより免疫力が下がり、歯周病のリスクが高まります。
    甘いもの・柔らかいものをよく食べる人
    甘いものはプラークの形成を促進し、柔らかいものばかり食べているとだ液の分泌が減り、お口の中の汚れを洗い流せなくなります。
    糖尿病の人
    歯周病は糖尿病の合併症であり、歯周病が悪化すると糖尿病も悪化するなど、糖尿病と歯周病は相関関係にあります。
  • A:結論から言うと、歯周病は自分で自宅で治すことは出来ません。
    お口の中にプラークや歯石がたまると、そこに歯周病菌が繁殖します。
    つまり、プラークや歯石を取り除くことが歯周病治療になります。

    プラークはブラッシングで取り除くことが出来ますが、歯石は出来ません。
    これが自宅で自分で歯周病を治せない理由です。
    歯石を安全に除去するには歯科衛生士から処置を受ける必要があります。
    歯石を取り除くにはスケーラーと呼ばれる器具を使います。
    これは市販されていますが、自己流で歯石を取ることはやめてください。
  • A:歯周病が原因の可能性もあります。
    歯周病はお口の中だけにとどまらず、進行すると全身疾患にも影響するようになります。
    歯周病菌や炎症物質が唾液や血液に入り、全身に運ばれます。
    歯周病は次の病気と関連があると言われています。

    糖尿病
    インスリンの働きを妨げ、糖尿のリスクを高めます。また、治療時の血糖値コントロールを困難にします。
    動脈硬化
    歯周病菌が血管壁に貼り付き、動脈硬化に関与すると考えられています。

    他には狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などにも関与していると言われています。
    体調不良は上記の疾患に起因している可能性も考えられます。
  • A:うつる可能性があります。
    主に親子間、パートナー間でうつります。
    歯周病菌は唾液にも含まれているので、食器を一緒に使うことで唾液が移動し、うつる可能性があります。
    ただし、うつったからと言って必ず歯周病になるわけではなく、免疫力の強さが影響します。
  • A:これはメチルメルカプタンというガスが原因で、食べかすに含まれるたんぱく質を分解する時にこのガスが発生し、腐った玉ねぎに似た強烈な匂いを放ちます。
    歯周病が進行するとさらに強烈な匂いがするようになります。
    歯の根元に膿が出来、膿みの塊が破けたとき匂いを発します。
  • A:歯周病の原因菌は10種類以上あることがわかっています。
    その中の代表的なものをご紹介します。

    P.g.菌(Porphyromonas gingivalis)
    T.f.菌(Tannerella forsythensis)
    Td.菌(Treponema denticola)
    …歯周病が進行している人の60〜70%から見つかります。これらは同時に見つかることが多いです。

    A.a.菌(Aggregatibacter actinomycetemcomitans)
    …日本人から見つかるのは非常に稀ですが、若年時からこの菌に感染するととてもやっかいです。

    P.i.菌(Prevotella intermedia)
    …誰もが持っている菌で、お口を汚れた状態にしておくだけで歯周病を引き起こします。