入れ歯治療|茨木クローバー歯科・矯正歯科

  • オンライン初診予約
  • TEL:072-697-8829
入れ歯治療
DENTURES

こんなお悩みありませんか?

困る女性困る女性

当院ではそんなお悩みを解決する
患者様おひとりおひとりに最適な入れ歯をご提案しています。

部分入れ歯と総入れ歯

入れ歯の構造

入れ歯には大きくわけて部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。

部分入れ歯の特徴

欠損した歯が1本以上あるときに適しています。

通常はクラスプと呼ばれるバネを隣の歯にひっかけます。

クラスプはひっかける歯に負担をかけたり、通常、金属で出来ているので見た目が悪いなどの問題があります。
その問題点を解決したノンクラスプデンチャーというものもご用意しています。

総入れ歯の特徴

すべての歯が欠損しているときに適用します。

総入れ歯は床(しょう)と呼ばれるピンク色の土台に人口歯が並んでいます。

保険の総入れ歯は床が分厚く、違和感が出やすい、安定性に欠けるなどのデメリットがありますが、保険外の総入れ歯はそれらのデメリットが解消されたものもあります

保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険の入れ歯は「最低限の原状回復」

保険の入れ歯の目的は「最低限の原状回復」であるため、費用が安い分、素材や作る過程に制限があり、出来ることが限られています

そのため、現状の保険制度では「入れ歯を入れていることを気付かれたくない」、「思い切り食事を楽しみたい」、「違和感のない入れ歯にしたい」などのご要望にお応えするのが難しいのが実情です。

人生を豊かにしてくれる自費の入れ歯

自費治療の入れ歯は使う素材や作成方法に制限がないため、患者様おひとりおひとりのご希望に合わせたオーダーメイドの入れ歯をお作りすることが可能です。

審美性に優れた入れ歯、厚みのない入れ歯、違和感のない入れ歯など様々な種類からお選びいただけます。

自費の入れ歯であれば、笑顔に自信が持てる、食事を美味しく楽しめるなど、人生を楽しく豊かなものにしてくれます。

自費の入れ歯の比較表

  ロケーター義歯 磁石の入れ歯 金属床義歯 ノンクラスプデンチャー
  ロケーター義歯 磁石の入れ歯 金属床義歯 ノンクラスプデンチャー
特徴 2本のインプラントで入れ歯を支える入れ歯治療です。 マグネットの磁力を利用した、吸着性の高い入れ歯です。 金属で出来た、フィット感に優れた入れ歯。保険の入れ歯に比べて極めて薄く丈夫です。 クラスプ(金属のバネ)不使用の入れ歯。審美性に優れています。
審美性 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★
耐久性 ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆
噛みやすさ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆
えずきにくさ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
保証 有り(3年保証)
こんな方におすすめ ・総入れ歯の方
・安定性を重視する方
・審美性にこだわる方
・しっかり噛みたい方
・嘔吐反射の強い方
・お食事を楽しみたい方
・薄くて丈夫な入れ歯にしたい方
・入れ歯のがたつきが気になる方
・審美性にこだわる方
・今の入れ歯に違和感を感じる方
・これまでの入れ歯に満足できない方

歯が抜けたままにしておくと…

歯がなくても日常に特に不自由がないからといって、そのままにしていませんか? 歯が1本ないだけでも見た目や噛み合わせだけでなく、健康にも様々な影響が出る恐れがあります。

歯がないまま放置しておくとで起こる悪影響

1. 噛み合わせが悪くなる

抜けた歯の両隣の歯が移動したり傾いたりし、噛み合わせに影響します。

2. 顎関節症になる

噛み合わせが悪くなり、噛むたびに顎がずれるので、顎関節症になる恐れがあります。

3. 歯が伸びる

抜けた歯と噛み合っていた歯が空いたスペースを埋めるように伸びてきます。

4. 審美性を損なう

歯が抜けると見た目にも影響します。

5. 老け顔になる

しっかりと噛めなくなり、表情が作れなくなることで筋肉が衰え老け顔になります。

6. 反対側の歯を酷使するようになる

歯が抜けると無意識に反対側の歯でよく噛むようになり、大きな負担がかかります。

7. 治療費がかさむ

歯が抜けると口内環境が悪くなるので、様々なお口のトラブルが増え、結果として治療費がかさむ可能性があります。

8. 胃腸に負担がかかる

十分に咀嚼せずに飲み込んでしまうため、胃腸に負担がかかります。また、しっかり噛めないことでだ液の分泌が減り、消化の妨げになります。

9. 認知症のリスクが上がる

日本歯科医師会によると、歯を失うことで噛む力が衰えると、最大で認知症のリスクが1.9倍高まるという調査結果が出ています。

10. おしゃべりしにくくなる

歯が抜けたところから息が漏れるので、発音しにくくなります。

歯を失ったままにしておくと、その影響はお口の中だけでなく、全身にまで及ぶ可能性があります。
もし歯が抜けたまま放置しているのであれば、早めに歯科で受診するようにしましょう。

入れ歯に関するQ&A

  • A:入れ歯要因になっている唾液の分泌量の理由をご紹介します。

    入れ歯が大きすぎて唾液腺を塞いでいる
    唾液腺はお口の中にたくさんありますが、大きな入れ歯を使っているとその唾液腺を塞いでしまう可能性があります。
    舌裏の筋部分や下奥歯には大きな唾液腺があり、それを塞いでしまうとだ液の分泌量が減ってしまいます。
    噛むための筋肉の衰え
    噛むという行為は唾液腺を刺激します。あまり噛まなくなると唾液腺への刺激が少なくなり、お口の中が乾いてしまいます。
    入れ歯が合わないことによるストレス
    ストレスや緊張により交感神経が優位になるとだ液の分泌が抑制されます。
  • A:入れ歯は歯科用のレジンという素材で出来ており、乾燥すると割れやすい性質があります。
    入れ歯はお口の中に装着する用に作られているので、適度な湿度が必要なのです。
  • A:裏打ち(クリニックによってはリライニング、リベースとも言います)とは、歯茎などの粘膜に接着する部分にシリコンや合成樹脂をあてがい、義歯と歯肉のフィット感を高める処置です。
    歯茎が痩せたために入れ歯が合わなくなった時などに行います。
  • A:ご自身にあった入れ歯を入れると歯並びが良くなり、頬が膨らむことで口周りの皺も薄くなります。見た目が美しくなり、若返ったイメージになります。
    その他の理由としては、よく噛めるようになり、唾液の分泌量が増えた、脳が活性化されて認知症や寝たきりの予防になるという点も挙げられます。
    また、噛み合わせが合った入れ歯だと、体のバランスが整い、姿勢がよくなる、肩凝りなどが軽減されるという点から、若返るということも出来ます。
  • A:入れ歯もお口と同じようにケアが必要です。
    入れ歯をお手入れせず放っておくと…
    ・細菌が繁殖する、カビが生える
    ・口臭が発生しやすくなる
    ・入れ歯に色素や歯石が着きやすくなる
    ・クラスプなどに接する歯が虫歯になりやすくなる。
    入れ歯に食べかすやプラークが着いたままにしておくとこのようなトラブルが起きてしまいます。
  • A:入れ歯を入れないと大きなリスクにつながります。
    ・他の歯に力が加わり、歯の寿命が短くなる
    ・歯並びが変化し、口元が左右非対称になる
    ・噛み合うはずの歯が下がってくる
    ・歯のないところがへこみ、シワが増える
    このような問題が発生する可能性があります。
  • A:保険の入れ歯は4年で50%が使えなくなる、というデータがあります。
    医学的に見ても3〜5年ごとに交換するのが望ましいと言えます。
    入れ歯を長期間使用すると、すり減りや緩みが発生し、歯茎にも悪影響が及びます。