歯周病

成人の8割以上が歯周病ってホント?

成人の8割以上が歯周病ってホント?

毎日歯磨きしていれば、歯周病にならないでしょう?と思っている人がほとんどだと思います。でも残念なことに、毎日歯磨きをしていても歯周病になる可能性はあります。

歯周病とはどんな病気?

歯周病とは、細菌の感染によって歯肉(歯茎)に炎症が起こり、歯周組織を破壊し顎の骨を溶かしていく病気です。歯と歯茎の境目に溜まったプラーク(歯垢)が原因となり、歯周組織に炎症が起こる細菌感染症です。歯周病の最大の原因は、プラーク(歯垢)に潜む細菌です。その予防には、日々のプラークコントロールがとても有効です。

歯周病は「日本人の国民病」

歯周病は、日本人の成人の約8割が「歯周病患者」もしくは「予備軍」といわれています。さらに歯周病は、歯を失う原因の第1位にも挙げられています。歯周病の症状は、わかりにくいため気付いた時にはかなり進行しているケースも少なくありません。年代が上がるに従って、症状が進行している人の割合も増加していっています。

「若いから歯周病なんて関係ない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、やはりプラークを溜めない習慣を身につけていかないと年齢に関係なく歯周病は発症してしまいます。少しでも気になることがあれば、手遅れにならないよう早めに歯科医院を受診しましょう。

歯周病の予防方法とは?

毎日の歯磨きをどのようにして行っているかによっても、歯周病になるかどうかが分かれてきます。歯の表面の汚れだけを意識して磨いていますか?それとも歯茎だけを意識して磨いていますか?実際に、しっかり意識して頂きたいポイントは「歯と歯茎の間」です。この間に溜まったプラーク(歯垢)をしっかり取り除くことができないと、歯周病のリスクが高まってしまいます。

しかし、セルフケアだけでは落とせない歯垢や歯石がありますので、歯周病予防のためには歯科医院での専門的なクリーニングなどのメンテナンスを定期的に受けていただくことも必要です。

まとめ

歯ブラシ

歯周病は、自覚しにくい病気ですので気付いたら重症化しているケースが多々あります。何も症状がないから「自分は大丈夫」と思いがちですが、日本人の約8割の方が感染していることからも、まずは歯科医院での診察をおすすめします。

早めに診察をして症状がどの程度なのか知ることも大事です。早く気付いたことで重症化も防ぐことができますし、治療になったとしても治療時間や通院回数が減るので、何よりも早期発見・早期治療が大切です。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック