痛みに配慮した治療|茨木クローバー歯科・矯正歯科

  • オンライン初診予約
  • TEL:072-697-8829
痛みに配慮した治療
PAINLESS TREATMENT

「歯の治療は怖い・痛い」という方へ

女性

歯医者での治療に関して「怖い」「痛い」というイメージを持つ方は多いのではないでしょうか?

「歯が痛い、治療する必要があるがわかる。けれど歯医者に通うのが怖い」という方のために、当院では痛みに配慮した治療に力を入れています。

痛みに配慮した治療に取り組んでいます

カウンセリング

麻酔に工夫をこらすことにより、また、様々な麻酔法により痛みを最小限に留めることが可能です。

歯医者が怖くてなかなか治療を受けられないという方も、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

こんなお悩みはありませんか?

当院の痛みへの取り組み

痛みが予想される時は必ず麻酔をする

患者様が痛みを感じる可能性があるときは原則として麻酔をします。

超極細針を使用

刺したことに気付きにくいとても細い針を使用しています。

痛点が少ない場所に打つ

痛みを感じにくい箇所に打ちます。

粘膜をピンと張り素早く打つ

こうすることにより針を打った時にわかりにくくなります。

表面麻酔

ご希望の方には塗る麻酔をします。

麻酔液を人肌にあたためる

冷たい麻酔液を打つと刺激が強くなるので、それを抑えるための工夫です。

ゆっくりと注入する

急いで注入すると痛みを感じやすくなるので、それを回避するようゆっくりとしたスピードで麻酔液を注入します。

それでも麻酔時の痛みが気になる方へ

麻酔時の痛みが気になる方へ向けて、当院では笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)を実施しています。

笑気麻酔

笑気麻酔とは

笑気麻酔とは、鼻に笑気吸入用のマスクを取り付け、肺から吸入させて麻酔をかける方法です。
吸入から約5分で心地よい気分になり、不安感や恐怖心を和らげることが出来ます。

笑気麻酔の特徴

リラックスし、痛みを感じにくい

笑気麻酔は、穏やかな鎮静・催眠作用と比較的強い鎮痛作用を持っているのが特徴です。
つまり笑気麻酔を用いることでリラックスしながら痛みを感じにくくさせることが出来ます。

吸入中止後、数分で帰宅可能

笑気麻酔は、吸入後速やかに効果があらわれ、吸入を中止すると速やかに排出されるという特徴があります。
そのため、吸入中止後、数分で帰宅が可能、自動車も運転することが出来ます。

呼吸器や循環器にほとんど影響を与えない

笑気麻酔は呼吸器や循環器にほとんど影響を与えません。
肺や心臓に障害を持つ患者様にも使用していただけます。

肝臓に負担がかからない

ほとんどの薬剤は肝臓で分解されるため薬理作用に注意が必要ですが、笑気麻酔は体内ではほとんど分解されません。

笑気麻酔に関するQ&A

  • A:笑気麻酔は健康保険適用です。
    ただし、自費治療と組み合わせる場合は適用外となります。
    治療内容により保険が適用されるかされないかが変わるので、ご注意ください。
  • A:笑気麻酔は眠るのではなく、リラックスする麻酔法です。
    眠るわけではなく半分意識があるような状態で、治療中も会話が出来ます。
  • A:気持ちがよくふわふわとリラックスしたような状態になります。
  • A:笑気麻酔は安全性の高く、鼻呼吸が出来れば基本的にどなたにも適用出来ます。
    ただし、下記のような方にはおすすめしません。

    ・中耳炎の治療中の方
    ・鼻呼吸が困難な方(アレルギー性鼻炎など)
    ・妊娠中、授乳中の方
    ・呼吸器疾患をお持ちの方
    ・パニック障害や過呼吸の方
    ・てんかんの既往がある方
    ・肺閉塞、腸閉塞の方
    ・二か月以内に眼科で手術を受けた方

  • A:年齢制限はありませんが、治療時に鼻が詰まっていたり、動いたりする時は使用出来ません。
  • A:鎮静効果に個人差がある他、鼻呼吸が出来ない方、呼吸器疾患がある方はご使用いただけません。
  • A:一般的な場合(健康保険3割負担の場合)、だいたい700〜800円程度かかります。
    虫歯などの治療費は別途必要です。