入れ歯

入れ歯のお手入れ方法を教えて。気を付けることはありますか?

入れ歯のお手入れ方法を教えて。気を付けることはありますか?

入れ歯は洗浄などのお手入れが毎日必要です。お手入れを怠ると雑菌が繁殖してしまい、その入れ歯を使うことで健康をそこねることもあります。入れ歯の正しいお手入れの方法をチェックしておきましょう。

入れ歯のお手入れが必要なわけ

天然の歯と同じように、ものを噛んで食べることで入れ歯にも汚れが付着します。入れ歯が汚れたままではお口の中が不潔になり、様々な細菌がお口の中に増えてしまいます。

特に保険適用の入れ歯の主な材質はプラスチックですので、以下のような点にご注意ください。

  1. プラスチックの部分は汚れや細菌が付きやすい
  2. プラスチックの部分はニオイが吸着されやすく口臭の原因になる
  3. 歯茎と入れ歯の隙間には細菌が繁殖しやすい
  4. プラスチックの入れ歯は傷がつきやすく、傷がつくとそこに細菌が繁殖しやすい

入れ歯のお手入れが不十分の場合に起こるトラブル

  • 口臭が発生する
  • 口内炎になりやすくなる
  • 入れ歯に色素や歯石がついてしまう
  • 部分入れ歯の場合、クラスプなどがかかっている歯がむし歯になりやすい

これらのトラブルを防ぐためにも、普段のお口のケアと共に入れ歯のお手入れを行うことが大切です。

就寝前の入れ歯のお手入れ方法

入れ歯は毎食後に外して洗うことが望ましいです。外出先では無理でも、ご自宅での食事の後はぜひ洗浄して清潔を保ちましょう。

1.洗面器などに水を張る

入れ歯を洗面台や床に落として壊してしまったり、排水口に流したりしないために、洗面器などの容器の中で洗いましょう。

2.入れ歯を外して流水下で洗う

入れ歯を洗うときは義歯用ブラシを使用しましょう。小さな入れ歯であっても必ずお口から外して手の平にのせて、洗面器の上でみがきましょう。ゴシゴシと力を入れすぎないようブラシは軽く当てます。特に歯肉などに接する入れ歯の内面をみがきすぎると、すり減ってすき間ができることがあります。

3.入れ歯洗浄剤を溶かした水またはぬるま湯に入れる

コップに水またはぬるま湯と入れ歯洗浄剤を入れます。そのまましばらく浸しておきます。

4.ブラシで仕上げ洗いをする

入れ歯を入れ歯洗浄液から取り出し、水を張った洗面器などの上でブラシを使ってていねいに洗います。クラスプなどの汚れが残りやすい部分は丁寧に洗いましょう。

入れ歯の保管方法

プラスチックの入れ歯は熱や乾燥に弱いため、何もせずに置いておくと変形やひび割れが発生する恐れがあります。そのため、入れ歯を外したあとは良く洗ってから水を張った容器に入れて保管します。

まとめ

入れ歯

入れ歯を長く安全に使うためには、毎日の洗浄が欠かせません。入れ歯に臭いがついたり雑菌が繁殖したりしないように、ていねいに洗って清潔な状態で保管しましょう。