矯正歯科

インビザラインの特徴を教えて

インビザラインの特徴を教えて

マウスピース矯正の中でも人気のインビザラインにはどのような特徴があるのかご説明します。

各社から販売されているマウスピース矯正の共通点

透明なプラスティック製のマウスピースで少しずつ歯を動かすことで歯並びを治していくのがマウスピース矯正です。マウスピース矯正は様々な会社が提供しており、それぞれ独自のシステムを持っていますが、共通点もあります。

  • 透明なので目立ちにくい
  • 食事の際に取り外しできる
  • ワイヤー矯正と比べて痛みが少ない
  • マウスピースを自分で取り外せるので歯磨きがしやすい
  • 樹脂で出来ているので金属アレルギーの方も使える
  • マウスピースの中に薬剤を入れればホワイトニングもできる

しかし、多くのマウスピースは前歯だけの矯正や、ごく軽度な不正咬合にのみ適応となり、複雑な不正咬合を治すことは出来ません。

インビザラインだけの特徴

他のマウスピース矯正にはない、インビザラインだけの特徴をご説明します。

インビザラインはマウスピース型矯正のグローバルスタンダード

インビザラインは世界中の矯正歯科で使われており、2020年10月時点で世界中で900万人以上が治療を受けている実績のあるブランドです。

つまり、マウスピース型矯正の中でもグローバルスタンダードであるといえます。特にアメリカ、ドイツ、ヨーロッパで良く使われており、大勢の方々に広く認知されています。

3D口腔内スキャナーiTeroで口腔内をスキャン

インビザラインでは従来の印象剤での歯型採りが不要になり、口腔内カメラを歯に添わせていくことで精密・正確な歯型データを取得することが出来ます。

印象材では歯型を採る際に変形(収縮)が起こり、更に石膏硬化時にも変形(膨張)しますので、精密さにはやや欠けてしまいます。iTeroによる3Dスキャンでは歯の形状を正確にデータ化します。

コンピュータによる歯の動きのシミュレーションが確認できる

iTeroで読み取ったデータをソフトに読み込ませ、歯の動きをシミュレーションすることが出来ます。歯が動いていく様子をご覧いただくことで、現在の不正咬合がどのように
きれいに治っていくのかが具体的にわかり、治療後の歯並びがイメージしやすいと思います。

独自の新素材SmartTrack(スマートトラック)は装着感や審美性に優れている

インビザラインのアライナー(マウスピース)は新素材「SmartTrack(スマートトラック)」で作製されており、弾力性があるため従来のアライナーと比べてマウスピースの取り外しがより簡単に出来るようになりました。

歯により密着して持続的に歯に力をかけ続けるため、歯をより正確に動かせるようになり、装着感、審美性共に優れています。

歯にアタッチメントをつけることで歯の移動を正確にコントロールする

インビザラインだけの大きな特徴がアタッチメントです。歯を動かすための力を効果的にかけて歯の動きをコントロールします。

これにより他のマウスピース矯正は難しい奥歯の移動やアーチの拡大までも行えるようになりました。

矯正歯科医のインビザライン矯正のスキルによって適応範囲が変わる

熟練した矯正歯科医がアタッチメントを設計することで、捻じれている歯を真っ直ぐにしたり、歯茎に埋まっている歯を引っ張り出したり、歯列を大きくしたりと、様々な症例に対応出来るようになりました。

アタッチメントの設計はクリンチェックというソフト上で行います。最初はアタッチメントはAIによって設定されますが、歯科医師がアタッチメントの種類や場所を変更することで、より歯が正確に動くようになります。

まとめ

インビザライン

インビザラインにしかない特徴をご説明しました。アタッチメントはマウスピース型矯正装置の中でもインビザラインにしかない優れた特徴で、これにより様々な不正咬合に対応出来るようになりました。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック