その他

虫歯はどうして出来るの?大人は虫歯になりにくい?

虫歯はどうして出来るの?大人は虫歯になりにくい?

「虫歯はどうして出来るの?」
「虫歯は子どもがなるもの?大人は虫歯になりにくいの?」

子どもの時に虫歯にかかって治療を受けた方は多いと思います。虫歯はどうして出来るのでしょうか?そして、大人は子供に比べて虫歯になりにくいのかについてご説明します。

虫歯が出来る原因1.ミュータンス菌

ミュータンス菌

虫歯が出来る直接的な原因は、虫歯菌が酸を出して歯を溶かしてしまうことです。

虫歯菌の代表として良く知られているのはミュータンス菌ですが、虫歯を引き起こす原因となる細菌は10種類くらい発見されています。

その中でも酸をたくさん出して虫歯を作りやすいのがミュータンス菌です。

虫歯菌への感染は親子感染が最も多い

離乳食

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌はいないのですが、ご両親や周囲の大人から虫歯菌に感染してしまうことは、最近では良く知られるようになりました。

特に離乳食の時期に親と子が同じスプーンや箸で食べることで赤ちゃんが虫歯菌に感染するケースが多いので、注意が必要です。

  • 虫歯の感染源の多くは「母子感染」
  • 母子でスプーンを共有することで起こることが多いので注意しましょう

ミュータンス菌がお口に入るとどうなるの?

ミュータンス菌はお口の中にある食べ物や飲み物に含まれている糖分を分解して、グルカンというネバネバ物質を作り出します。

このネバネバした物質が歯の表面についたものが歯垢(プラーク)です。歯垢は細菌の塊で、歯みがきの磨き残しで歯と歯の間などに付いたままになって時間が経つと、更に細菌が増えて、バイオフィルムと呼ばれる膜が出来ます。

バイオフィルムはバリアのようになっていて、歯みがきで落とすことが困難になります。そしてバイオフィルムの中で、細菌がどんどん増えていき、酸を出し続けます。

歯の表面のエナメル質は人間の身体で一番硬い組織です。しかし虫歯菌の出す酸には弱く、酸に晒されると少しずつ溶けていってしまいます。やがて歯の表面に穴が開いて、歯の深部に向かって虫歯が進行していきます。

虫歯が出来る原因2.歯の脱灰と再石灰化

歯の脱灰と再石灰化

お口の中は普段は中性に近いpH7くらいを保っています。

pHはまたは「ペーハー」または「ピーエッチ」と読み、「水素イオン指数」のことです。pHはその液体が酸性なのか、アルカリ性なのかを1から14までの数値で表します。

pH7がちょうど真ん中で「中性」を示し、phが7より小さいと「酸性」、7より大きいと「アルカリ性」を示します。

ご飯やパンや甘いものを食べると、虫歯菌が糖分をエサにして酸を出します。その酸によって、歯のエナメル質からリンやカルシウムが溶け出すことを「脱灰」と呼びます。pHの値が5.5より下がったときに脱灰が始まります。

一方、お口の中の唾液には酸を中和する「緩衝能」という作用があり、唾液の中に溶け出したリンやカルシウムなどのミネラルがエナメル質の表面に取り込まれることを「再石灰化」と呼びます。

このように、身体には本来抵抗力があり、虫歯菌の出す酸によって「脱灰」が起こって虫歯になりかけても、すぐに唾液の作用で「再石灰化」が起こり、修復されるようになっているのです。

子供は虫歯になりやすい?

子供に虫歯が多いのは、歯のエナメル質が大人に比べて弱いからです。

エナメル質は歯の表面を覆う固い組織ですが、乳歯のエナメル質は永久歯に比べると量が少なく薄いのが特徴です。

更に、生え変わってすぐの永久歯は大人の永久歯と比べて軟らかいため、子供の歯は乳歯も永久歯も虫歯菌の出す酸に溶かされやすく、虫歯の進行も早いのです。

大人の虫歯は二次虫歯と根面う蝕に注意

大人になるとエナメル質が厚みや硬さが増して頑丈になりますので、新しく虫歯が出来る頻度はそれほど多くありません。

二次虫歯とは

銀歯の下で二次虫歯はこうして出来る

大人の虫歯は過去に虫歯治療をした部分が再び虫歯になるということが起こります。これを二次虫歯(二次カリエス)といいます。

二次虫歯は、詰め物や被せ物の治療をしてから長い年月が経つと、経年劣化や歯の摩耗によって詰め物や被せ物と歯の間に隙間が出来て、そのすき間から虫歯菌が入り込んで歯の象牙質を溶かしていくというものです。

詰め物や被せ物の下で虫歯になりますので、二次虫歯はとても見つけにくく、見つかった際には既にかなり症状が進んでしまっていることが多いです。

根面う蝕とは

65歳以上の方に多い虫歯は、根面う蝕です。歯周病や加齢によって歯肉が下がると、今まで歯茎の中に埋まっていた象牙質がむき出しになります。象牙質はエナメル質の内側にある組織で、エナメル質と比べてかなり柔らかいため、虫歯菌の出す酸によって溶けやすく、こちらも進行が早いため注意が必要です。

まとめ

家族

大人の歯は子どもの歯よりも硬く虫歯にはなりにくいのですが、二次虫歯や根面う蝕には気をつけなければなりません。

そのため大人の方には、虫歯や歯周病予防のために定期健診をお受けいただくことをおすすめしています。定期健診では歯周病検査や歯のクリーニングを行い、虫歯や歯周病を予防するとともに、もし虫歯や歯周病になったとしても出来る限り初期の段階で治療に入ることを目的としています。

当院では予防歯科に力を入れています。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック