審美歯科

審美歯科ってセラミック治療のこと?

審美歯科ってセラミック治療のこと?

審美歯科で代表的な治療といえばセラミックでの被せ物です。通常の歯や口元の機能を回復するための治療に加え、見た目の美しさを改善するために行う審美治療についてご説明します。

審美歯科とは

白い歯

審美歯科はエステティック・デンティストリーと呼ばれ、歯や歯並び、歯茎のラインなどの美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことです。

現代では歯の治療は単に噛めるようにするだけでなく、見た目をより綺麗にすることが求められます。噛むためという目的なら、保険診療で十分なのですが、保険診療の限られた治療法や材料では仕上がりに満足できない方のために、より良い材料を使って自然な美しい口元にする治療が、審美歯科です。

お口の機能は噛むだけではありません。人とのコミュニケーションのためには喋ることが必要ですし、笑顔が美しいことも大変重要です。これらのコミュニケーションに歯は大きく関わっており、審美歯科では、より見た目を美しく、快適に過ごせるように歯を整えていくということに重点を置いています。

セラミック治療

セラミッククラウン

審美歯科の代表的な治療はセラミック治療です。虫歯で大きく歯を削らなければならなかった時や、歯並びや歯の形が悪い時、歯が黒ずんだりして変色した時に、セラミックで作られた被せ物(クラウン)を被せます。差し歯とも呼ばれます。

セラミックは隣の天然歯とほぼ同じ自然な色調に仕上げることが出来るため、特に前歯の治療で威力を発揮します。セラミックの詰め物・被せ物は、保健治療で使われるレジンや金属とは違い、歯との間に段差ができにくく、そこから虫歯になるリスクも少ないです。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアは前歯に行う審美治療で、歯の表面を削って薄いセラミックを貼り付けることで見た目を美しくします。神経を抜いた歯はホワイトニングの効果が出にくく、ある種の薬剤による歯の着色も、ホワイトニングでは白くなりません。そのような場合にはラミネートベニアがおすすめです。

ラミネートベニアを接着する前には歯を削りますが、被せ物の治療と比べるとわずかな量ですので、歯を傷めることが少なく、短期間で治療が終わります。

頑固な着色汚れのクリーニング

通常のクリーニングは保険適用となりますが、タバコのヤニによる着色がひどい場合は、自費診療で時間をかけてクリーニングを行います。1~2回自費治療のクリーニングを受けていただいた後は、3ヶ月に1回程度の定期健診を受けていただくと、歯の自然な色をキープすることができます。

審美歯科は贅沢な治療?

日本では、「国民医療保険で受けられる治療が十分な水準の治療」という考え方が何十年も続いています。国民医療保険制度(国民皆保険制度といいます)がカバーしている治療をすれば十分であり、それ以上に歯を美しく治す治療は贅沢だという感覚が一部の患者さんの中にあるように思われます。

しかし現在の保険治療では、治療内容や使える材料に、世界的な歯科医療レベルからみても後れをとっている部分があることは否めません。本来の歯科治療とは、お口の状態を健康に保つためであると同時に、見た目の美しさや豊かな表情を回復するためのものでもあることを考えれば、審美歯科は特別贅沢な治療というわけではありません。

まとめ

審美歯科のイメージ

一般的に審美歯科とは、歯や口元の美しさを最大限に追求するための総合的な歯科治療のことをいいます。今後の歯科治療全体の精度やクオリティが上がるにつれ、審美歯科が全ての歯科医療で求められていく分野になることは間違いありません。

歯を美しく保つという意識をもつことによって歯が痛くなるまで治療せずに我慢するということがなくなれば、被せ物や抜歯をすることも減り、最終的には治療費の抑制にも繋がっていくことでしょう。