歯と口のトラブル

虫歯がないのに歯がしみる知覚過敏の原因は?

虫歯がないのに歯がしみる知覚過敏の原因は?

虫歯ではないのに冷たいものが歯に染みたり、歯磨きの時に歯ブラシが当たっただけで歯が痛いということがあれば、それは知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏とは?

知覚過敏

知覚過敏という言葉を、テレビCMなどで聞いたことがあると思います。知覚過敏の医学的名称は象牙質知覚過敏といいます。

歯の表面はエナメル質という硬い組織でで覆われており、エナメル質の内側には象牙質という柔らかい組織があります。つまりエナメル質は、外からの刺激から象牙質を守る役割をしています。

しかし何らかの理由でエナメル質が削れたり歯肉が退縮して、象牙質がむき出しになってしまうことがあります。すると象牙質の内部の細い管(象牙細管)に刺激が直接伝わります。

歯の構造

象牙細管には液体が入っていて、刺激によって移動し、その動きが歯の神経(歯髄)に伝わることで瞬間的に鋭い痛みを感じます。これが知覚過敏と呼ばれるものです。

知覚過敏は、常に痛むことは少なく、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛みであることが多く、むし歯や歯の神経(歯髄)の炎症などがない場合にみられます。

知覚過敏の原因とは?

象牙質が露出してしまう原因は歯周病、歯ぎしり、食いしばり、強すぎるブラッシングなどによってエナメル質が傷つくことです。

知覚過敏があると、痛みのためブラッシングが十分に出来ず、歯垢が残った状態になってしまいます。その結果、虫歯や歯周病のリスクが高まり、悪化させる原因となります。

知覚過敏の原因
  • 歯周病
  • 歯ぎしり
  • 食いしばり
  • 強すぎるブラッシング

知覚過敏の痛みを緩和するためには?

知覚過敏の痛みが出るのを改善するための5つの方法についてご説明します。

1.知覚過敏用歯磨き粉を使う

歯に痛みがある場合は、出来るだけ早く歯科の診察を受ける事が大切です。虫歯や歯根破折の場合はすぐに治療をした方が良いからです。

しかし既に歯科で知覚過敏と診断されていて、痛みに悩まされている場合は、知覚過敏用の薬用歯磨き粉をお試し下さい。

知覚過敏用の歯磨き粉は、硝酸カリウム(カリウムイオン)という薬用成分を含んでおり、露出した象牙質をカバーして象牙細管へ刺激が伝わらなくなり、知覚過敏のために歯がしみて痛いのを改善します。

それでも痛みが治まらない場合は、すぐに歯科に相談しましょう。

2.薬の塗布、歯のコーティング

歯科医院で知覚過敏の痛みの緩和のために行われている治療は、フッ素物が配合された薬の塗布です。露出した象牙質を薬で覆い、痛みの原因となる外部からの刺激を遮断します。この薬は複数回の塗布が必要になる場合もあります。

その他に、レジン(歯科用樹脂)、歯科用セメントなどで象牙質を物理的にコーティングすることで痛みを緩和させる治療法もあります。これらのコーティング材は徐々にすり減ってしまいますので、再び痛みが出た時にはコーティングし直さなければいけません。

3.ナイトガード(マウスピース)の使用

歯ぎしり、食いしばりが原因で知覚過敏が起こっている場合は、その原因を治さないと知覚過敏の痛みは治まりません。歯ぎしりや食いしばりの原因は、ストレスや疲れなど、様々なものが考えられますので、それらの原因を取り去るのはそう簡単なことではありません。

そこで夜間にナイトガード(マウスピース)をつけて就寝していただくことで、歯をカバーしてエナメル質がすり減らないように守ります。ただし、痛みの原因である歯ぎしりや食いしばりが治るわけではありません。

4.噛み合わせの調整

噛み合わせが悪いために知覚過敏が起こっている場合もあります。その原因を取り除くためには咬合の調整を行います。

咬合の調整をするために歯やかぶせ物を削って高さの調整を行うのが一般的です。

5.歯周病の治療

歯周病などの歯周疾患が原因で知覚過敏が起こる場合があります。歯周病が進行してくると歯茎が下がり、象牙質が露出しやすくなるため知覚過敏の症状が出やすくなります。

歯周病の治療としては、まず歯垢(プラーク)・歯石を取り除き、歯茎の炎症を鎮めます。すると歯茎の退縮していた部分が徐々に快復してきて、象牙質の露出が治まり、知覚過敏の痛みも改善します。

歯周病の治療は主に歯科衛生士がメンテナンスを行います。治療には何ヶ月もかかりますので、根気強く行っていきましょう。

まとめ

知覚過敏

知覚過敏の痛みを緩和する方法は、知覚過敏が起こっている原因によって異なります。上記の1~5の方法をいくつか組み合わせて行う場合もあります。

知覚過敏はすぐに完治とはいかない場合が多いので、歯医者に通院して歯科医師や歯科衛生士の指導のもとで、根気強く治療を行っていきましょう。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック