歯と口のトラブル

ドライマウスの原因って何?

ドライマウスの原因って何?

ドライマウスとは、お口の中が乾燥し、味覚障害や口内の痛みを伴う病気を指します。ドライマウスとはどういう状態で、なぜ起こるのかについてご説明します。

ドライマウスとは

ドライマウスは口腔乾燥症と呼ばれますが、ドライマウスという英語の方が、より一般的に使われています。ドライマウスはその名前の通り、口腔内の粘膜などが乾燥している状態を指します。ドライマウスの患者さんは大変多く、現代の生活習慣が大きく関わっていると考えられます。

ドライマウスは自覚症状がない?

目の渇きを指すドライアイは、コンタクトレンズが外れるなどのトラブルが起きることである程度は自覚することが可能です。しかしドライマウスは自覚しにくく、お口の中が乾いていると気付かずに日常生活を送っている方が多いです。

ドライマウスになっていないか、以下の症状について、当てはまるものがあるか一度ご確認ください。








さまざまな症状がありますが、上記の中から当てはまるものがあると思われる方は、ドライマウスの可能性が高いです。

ドライマウスの原因は?

ドライマウスは加齢によって起こりやすくなると言われていますが、加齢だけではなく、生活習慣も大きく関わっています。下記の原因に心あたりはありませんか。

ストレス過多
緊張により、お口がからからに乾いたと感じた経験はありませんか。人はストレス状態で自律神経(交感神経・副交感神経)の働きで、唾液が抑制されます。

喫煙・カフェイン・お酒など嗜好品の摂取過多
タバコを吸うことで、唾液の分泌は減ります。また、カフェインやお酒は利尿作用があるため、水分が取られてお口が乾いている状態になります。

服用する薬の副作用
良い薬剤であっても副作用はあり、一番多いのが、実はお口が乾燥するという症状です。

口呼吸
常に口で呼吸しているために口内が乾いてしまうことにより起こります。鼻炎などが原因の方によくありがちな原因です。鼻で呼吸するように心がけましょう。

柔らかい食べ物ばかりの食生活でお口周りの筋力が低下
固い食品が少なくなり、現代において噛む回数は極端に低下しています。唾液腺(唾液を出す部分)は、周囲の筋肉により唾液を分泌しますが、現代人は咀嚼回数や食事時間の短縮で、噛む回数が減少したことにより、唾液の分泌量も低下しています。

疾患が原因で起こる
糖尿病やシェーグレン症候群(涙腺と唾液腺に影響する自己免疫疾患)、腎不全などの全身疾患により、障害を受け組成が変化したり、多くの水分が尿として排泄をされてしまうため、脱水状態になり、口腔内の乾燥を引き起こしています。

まとめ

口のねばつき

ドライマウスの原因と状態についてご説明しました。虫歯などの感染症を防ぐためにも、ドライマウスは出来るだけ改善した方が良いと考えます。耳のそばや顎の下あたりをやさしくマッサージして唾液の分泌を改善する方法がありますが、噛み合わせも気になるなどお口に関するお悩みをお持ちの方は、一度歯科医院に足を運び、歯科医師やスタッフへご相談くださればと思います。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック