歯と口のトラブル

唾液でむせることがあるけどどうしたら良い?

唾液でむせることがあるけどどうしたら良い?

ご自身の唾液でむせる機会が多い方もいらっしゃいます。お口をどんな状態にすればその経験を減らすことが可能か、ご説明します。

自分の唾液にむせることはありませんか?

食べ物などをごくんと飲み込む動作を嚥下(えんげ)と専門用語で呼びます。のどには空気を肺へと取り込む気道と、噛んだ食べ物を唾液とともに胃へ運ぶ食道と二つの通り道があります。咬筋などの口の筋肉、舌、喉の筋肉など様々な筋肉を使用し、私たちは嚥下反射を行っています。

口腔内に食べ物がない場合、鼻や口から呼吸をしていますが、食べ物がある場合は、舌の奥にある喉頭蓋がしっかりと蓋をします。気道に食べ物が紛れないようにするためです。また、食べ物を飲み込む際には喉仏は上に動き、食道の入り口をより広げ、食べ物を通過しやすくする働きがあります。

何も食事をしていないのに、自分の唾液でむせることは、なるべくならば避けたいものです。ただし、この唾液でむせるということは、加齢ばかりが原因ではありません。詳しくご案内いたします。

原因1.加齢による場合

むせる原因で挙げられるのが、加齢です。年齢を重ねるにつれ、お口の中もさまざまに変化します。

  • 唾液が減ってしまった
  • 噛む力が衰えてしまった
  • 反射神経が鈍ってしまった
  • 筋力が衰えてしまった

歯科医師の観点から考えると、特に気になる点は上の二つです。唾液が減少すると、食べ物をうまくまとめて食道に流せません。歯には噛んでちぎる・小さくすりつぶす役割がありますが、虫歯や歯周病による歯の本数の変化により衰えてしまいます。滑舌が悪くなり、食べこぼしが増え、僅かなものでむせる状態が続く時、その原因が加齢によるものならばオーラルフレイルと呼ぶケースもあります。

お口の機能が低下しているオーラルフレイルになると、噛みづらい食品が増えてしまい、食事の幅が狭まります。また、反射神経が衰えると気道に蓋をする役割の喉頭蓋の反応も遅くなり、筋力が低下すると、ごっくんと飲み込みにくく、タイミングがわからなくなります。

その他には認知症や脳卒中、薬の副作用などでむせる場合があります。

原因2.若くてもむせる場合

通常、むせて咳が出る行為は年月を経過し、加齢により起こりうるものという捉え方でしたが、最近では、年齢の若い方にも症状が起こっています。スマホの普及、デスクワークによる姿勢の悪さ(ストレートネック)が主な原因です。肩が前に出て背中が丸まり、首が前に出ている状態は、喉頭蓋の働きを鈍くさせる角度になり、舌の動きも悪い状態です。

唾液でむせるのを放置したらどうなる?

若い人は水を飲む際にむせる状態を放置しても、「よくむせるなあ」と感じる程度でケアまで考えないかもしれません。ただし、一般的に高齢者がむせる状態を放置しておくと、唾液や食べ物や細菌が気管や肺に入ってしまう誤嚥になります。

誤嚥を繰り返していると、誤嚥性肺炎を引き起こすリスクがあります。肺炎は高齢者の死亡原因に関わるため、むせる状態を放置してはいけません。声が食前と食後で変わっている場合は、誤嚥性肺炎の影響が考えられます。必要な処置を行うようにしましょう。

唾液でむせるのをやめたい場合どうすれば?

唾液でむせない身体に改善するためには、運動を行い、正しい姿勢を保つことが大切です。筋力を鍛えるのと同様に、口や喉を鍛える運動を行いましょう。また、スマホを見る際には顔の位置を上げて見るように注意してください。

口の鍛え方の具体的な方法としては、あいうべ体操を行い、お口の周りの筋肉や舌を大きく動かします。マスク生活で口を動かす習慣が減ってきていますので、口全体をきちんと鍛えるために歌を歌うなども効果的です。

また、全体的な筋力の低下を防ぐためにも、ラジオ体操などやストレッチで体を動かしたり、偏りのない栄養の摂取できる食生活を送ることも、快適な日常を過ごすためにはポイントとなります。

まとめ

喉の違和感

歯や歯肉、お口を清潔に長く健康に保つよう、当院では定期検診で、歯磨きのブラッシング指導やクリーニングを行っています。歯科医院でメインテナンスを受け、感染トラブルの少ないお口でいることが健康に繋がると考えます。また、噛み合わせや歯並びなどのお悩みがあれば、無料カウンセリングも行っていますので、クリニックでドクターやスタッフにご相談ください。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック