インプラント

インプラントは痛い?腫れる?

インプラントは痛い?腫れる?

インプラント手術はチタン製の人工歯根を顎骨に埋め込みます。そのため痛みや腫れが起こることを心配される方がおられますので、ご説明します。

インプラント手術後の痛みや腫れはどのくらいある?

インプラント手術の前には、虫歯の治療の時と同じ局所麻酔を行います。麻酔が効いた状態で手術を行うため、手術中は痛みを感じませんが、手術が終わって麻酔が切れたら痛みを感じるようになります。

実際に痛みが出るかどうか、また痛みの強さは、個人によって様々です。中には、少し疼く程度で、痛みとは感じないため、痛み止めを飲む必要がない方もおられます。

インプラントの埋入本数が多い方や、GBRなどの増骨を行った方は
手術後に痛みや腫れや皮下出血が起こりやすくなります。

手術後に痛みや腫れが起こるのを防ぐために、鎮痛剤や抗生物質が処方されますので、忘れないように飲み切ってください。薬を飲んでインプラントを埋入した部分を触らないようにしていただければ、歯茎が腫れている方も、早くて2~3日程度、長くても1~2週間ほどでおさまります。

腫れや皮下出血が起こると不安になると思いますが、ピークは術後2~3日後の方が多く、少しずつ治っていきます。術後1~2週間程度たつと、腫れは殆どひいて元通りになるでしょう。

インプラント手術後の痛みや腫れを抑えるためには?

インプラント手術後に痛みや腫れをあまり起こさないためのポイントについてご説明します。

インプラントを埋め込んだことによる痛みや腫れの殆どは、インプラントを埋める前に歯茎を切開することから起こります。そのため、痛みや腫れを抑えるために気をつけなければならないのは、以下のようなものです。

  • 食事は麻酔が切れてからにする
  • 処方された薬は全て服用する
  • 歯みがきは手術した部位に当たらないようにする
  • 柔らかい食べ物を選ぶ
  • 刺激物はとらないようにする
  • 飲酒、熱い風呂、サウナ、激しい運動は避ける

インプラント手術後の飲酒のリスク

インプラント手術の前後は、アルコールの摂取を控えます。アルコールを飲むと血液の流れが良くなるため、傷口から出血を起こして、なかなか傷が塞がらない場合があります。

また、アルコールは傷口に刺激になるので、それが原因で痛みを感じたり、炎症を起こしやすい状態になることもあります。

毎日お酒を飲む習慣がある方は、手術後、傷口が治るまでの間は、アルコールを控えるように注意しましょう。

インプラント手術後のタバコのリスク

喫煙は一般的に免疫低下を起こしますので、インプラント手術後に煙草を吸うと、傷口の感染を起こしやすくなります。細菌に感染して傷口が腫れるだけでなく、歯周病菌に感染して歯周病を起こしやすくなりますので、手術後は出来るだけ禁煙するようにお願いします。

まとめ

シニア

インプラント手術後に腫れや痛みが起こりにくくなるために気をつけることをご説明しました。術後の生活については担当医におききください。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック