インプラント

インプラントは高い?それだけの価値がある?

インプラントは高い?それだけの価値がある?

歯を失った後の治療法を決める時に、費用はとても気になるところです。インプラント治療は保険がきないために決して安くありません。インプラント治療を考えている方は、インプラントが高い治療費に見合うものかどうかを理解し、納得したうえで治療を受けるようにしましょう。

インプラント治療が高いわけ

インプラントと天然歯の違い

インプラント治療が高いのには相応の理由があります。まず、インプラントは外科手術が必要で、歯科医師が高度な技術を習得し、手術に適した環境の整備をするためには、一般歯科よりも多くの費用がかかります。

また、インプラントに使用されるインプラント体(人工歯根)、アバットメント、上部構造などの各パーツは特殊な加工がされており、治療費の中にはこれらの費用も含まれています。

加えて、インプラントは保険がきかない自由診療なので、治療費が全額自己負担になります。保険適用の治療では一般的なサラリーマンの方で、治療費全顎の3割が自己負担となりますが、自由診療では全額が自己負担です。

CTなどの検査代もかかりますので、合計するとかなりの金額になってしまいます。

インプラントを安くする方法

医療費控除

インプラント治療を少しでも安く受けるための、直接的な方法はないのですが、医療費控除を受けることで、治療費は少し軽減されます。

医療費控除は国が儲けている控除のひとつで、年末調整や確定申告の際に1年間に使った医療費を申告することで、支払った所得税の一部が戻ってくるという制度です。

1.1年間にかかった医療費が総額で10万円以上になった場合、10万円を超えた部分の金額が還付される(総所得金額が200万円未満の場合、総所得価格に5%をかけた金額が還付される)

インプラントは1本20万円~50万円くらいしますので、医療費控除の対象になります。インプラントを埋入するためにおこなった骨増生手術などの治療も医療費控除の対象となります。

1年間でかかった医療費の総額を申告する制度なので、歯科以外の医療費や薬代も合算して申告することが出来ます。このように、医療費控除を使えば、所得税から還付された分だけ、結果的にインプラントの治療費を安くすることが出来ます。

デンタルローンで手軽な分割払いをする

ローン

歯科医院では各種ローンの取り扱いをしています。インプラントについてもデンタルローンの使用が可能ですので、費用を分割で支払うことが出来ます。

デンタルローンはインプラント治療を受ける歯科医院で手続きを行い、月々の支払価格を抑えて無理のない支払いスケジュールを決められます。ローンには審査がありますので、もし審査に落ちたら・・と心配になるかもしれません。

デンタルローンの審査に落ちた場合は、歯科医院にもよりますが、独自の分割プランをもっている場合がありますので、歯科医院に相談してみましょう。当院では金利手数料がないプランをご用意しています。

格安インプラントってどう?

格安インプラントで良く聞くのは、安い値段に魅力を感じてカウンセリングを受けに行ったところ、「あなたの場合はこの価格では治療できません」と、かなり高い金額を提示されたというものです。

または、上部構造にプラスチック製の被せ物を使っており、セラミックにしたければ治療費の総額が10万円以上も高くなるというものです。

インプラントの治療費が高いのには理由があるのと同様に、安いのにも理由があると思った方が良いです。また、格安インプラントで治療をして、失敗した際に、保証がきちんとされるのかもチェックする必要があります。

治療費を安くしたい一心で格安インプラントを選んで、後悔することのないように、その内容をきちんと調べる必要があります。

まとめ

インプラントの模型

インプラントは高額な治療ではありますが、適切なケアを続けることで長くもちますし、何より良く噛めます。見た目の審美性にも優れていますので、値段が高くてもそれだけの価値のある治療です。

しかしインプラントは歯周病菌には弱いため、毎日のセルフケアを丁寧に行い、年に数回のメンテナンスはしっかりと受けるようにしましょう。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック