こども

子供の虫歯菌はどこからやってくるの?

子供の虫歯菌はどこからやってくるの?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。そのままお口の中に虫歯菌がいない状態で成長出来れ、虫歯になることはありません。しかし実際には虫歯になってしまう子供が大勢います。虫歯菌は一体どこからやってきて子供の口の中に入り込むのでしょうか?

子供のもつ虫歯菌の多くはお母さんからうつる

離乳食

小学生の唾液中から採取された虫歯菌のDNAのうちの、60~70%は母親の口内にいる虫歯菌と同じであることがわかっています。これは専業主婦のお母さんのデータで、お母さんが働いていて保育園で育った子供の場合は30%に下がります。

このデータからわかることは、赤ちゃんに密着する時間が長い大人の持つ虫歯菌が、赤ちゃんに感染するリスクが高いということです。

赤ちゃんが離乳食を食べ始めると、食べ物の熱さを確かめるためにお母さんが少し口に含むというのは、日常的にある光景だと思います。このときにスプーンや箸についたわずかな唾液の中に虫歯菌がいて、赤ちゃんのお口に入り込みます。

このように、毎日の暮らしの中のほんの些細なことから、虫歯菌は母子感染を起こします。6ヶ月くらいになると、赤ちゃんの下の前歯が生え始めます。それから3歳くらいまでの間に、子供の口の中に虫歯が定着することになります。

マイナス1歳からの虫歯予防とは?

歯磨き

いったんお口の中に虫歯菌が棲みつくと、どんなに歯磨きやクリーニングできれいにしても、完全にゼロにすることはできません。虫歯菌の母子感染を避けるために、かなり気を付けているお母さんでも、母子感染を防ぐことは難しいのが実情です。

お母さんの口の中に虫歯菌や歯周病菌があり、歯垢や歯石の中に細菌がたくさんいる状態であれば、赤ちゃんにもたくさんの細菌がうつるリスクが高くなります。

赤ちゃんに虫歯菌をうつさないためには、母体の口腔内の衛生状態の改善することが大切で、マイナス1歳、つまり赤ちゃんが生まれる前からの虫歯予防が注目されています。

出産前に虫歯や歯周病を治療しましょう

妊娠がわかったら、出産の前に虫歯や歯周病の治療を受けて、正しいセルフケアの仕方を覚えて、毎日お口の中の汚れを自分できれいに落とせるようにしなければいけません。

赤ちゃんが生まれる前にお母さんの口腔内をきれいに保つことが出来るようになることが、マイナス1歳からの虫歯予防としてまず最初にすべきことです。

女性の歯は弱く唾液の量も少ない

女性は男性と比べると唾液の分泌量が少なく、お口の中が酸性に傾くとなかなか中性に戻りません。それは女性の唾液腺のサイズが男性よりも小さいためです。

唾液の量が少ないせいで、女性は虫歯になりやすく、いったん虫歯になると進行しやすいといわれます。

更に更年期になると、ホルモンバランスの乱れから唾液の分泌量は急激に減少して、ドライマウスになりがちで、虫歯だけではなく歯周病のリスクも高くなります。

女性の歯の表面のエナメル質は、男性よりも硬度が低く、その下の象牙質も薄いことがわかっています。それもまた、女性が虫歯になりやすく進行しやすい原因になっています。

妊娠出産期の歯へのリスク

女性

女性の妊娠出産期には、女性ホルモンが増加すると同時に、唾液の中和力が減少するという、2つのリスクが生じます。

歯周病菌の中には女性ホルモンを好む菌がいて、妊娠期には歯肉炎になりやすいことから、妊娠性歯肉炎と呼ばれます。虫歯にも注意が必要です。

つわりなどで歯磨きが十分に出来なかったり、食事が不規則にならないよう、気を付けて生活しましょう。

まとめ

子供

まずは難しく考えず、セルフケアで自分自身のお口の中をきれいに保つことから始めましょう。口内がきれいな状態だと、きれいな状態が心地よくなり、食事後の歯の汚れが気になります。

常に歯についた歯垢を落としてお口の中をきれいにしておく習慣を、毎日のケアや生活の工夫によって、赤ちゃんが生まれてくる日までにきちんと身につけましょう。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック