こども

子供の過剰歯について教えて

子供の過剰歯について教えて

現代の子供たちは顎が小さく、歯の本数が足りない子が増えている反面、過剰歯といわれる、歯の本数が多く生えてくる子もいます。過剰歯は永久歯への生え変わりを邪魔する場合は抜歯しなければならないため、歯科での診察や観察が欠かせません。子供の過剰歯はどのようにして出来るのか、治療はどうすれば良いかについてご説明します。

過剰歯とは?

人間の歯の数は決まっており、乳歯は20本、永久歯は親知らずを含めて32本です。

過剰歯とは、決まった本数よりも多く歯が生えてくることをいいます。過剰歯は歯冠が通常よりも小さい場合が多く、乳歯よりも永久歯に多くみられます。女性よりも男性に多いという特徴もあります。

過剰歯は子供の場合も女児よりも男児に多く、30~40人に1人くらいの割合でみられます。乳歯から永久歯への生え替りの始まる6~7歳前後にレントゲンを撮った際に見つかる場合が多いです。

歯が多くてもいいじゃないかと思うのは早計です。過剰歯は骨の中に埋伏している場合も多く、正常な向きではなく上下が逆転してしまっている場合もあります。

過剰歯はどうして出来るの?

歯は、顎の骨の中にある歯胚という歯の卵から作られますが、過剰歯は歯胚が多く作られたり、2つに分かれたりすることで出来てしまいます。

過剰歯が出来てしまう原因は明らかになっていませんが、そのままにしておくとリスクがある場合があるので、放っておくわけにもいきません。

過剰歯があることによって永久歯が生えてくるスペースが塞がれてしまうことある場合は、過剰歯を抜歯しなければなりません。

過剰歯は何が問題になるの?

歯の相談

過剰歯は正常な歯と同じように生えてくる(順正過剰歯)こともありますが、逆向きには得てくる「逆性過剰歯」や、真横になった状態で歯茎の中に埋まっている「水平埋伏歯」こともあり、周囲の歯に影響を与えることも多いです。

また、過剰歯が正常に生えている歯や歯並びに影響を与えるのは、生えてくる場所の問題もあります。例えば、上の前歯の正中部に過剰歯が歯茎の中に埋まっている状態になっていると、過剰歯が前歯の歯根部分に当たって押してしまい、前歯の1番同士の間に隙間が出来てすきっ歯になってしまうことがあります。

このような場合は永久歯に影響が出ますので、子供の間に抜歯した方が良いでしょう。永久歯に影響が出ないような位置に過剰歯が埋伏している場合は、そのまま経過観察することもあります。

しかし上顎の正中部に埋伏している過剰歯を抜歯するのは簡単ではなく、その付近には動脈や神経があり、近接している歯の歯根と近いこともあり、それらを傷つけずに抜歯しなければ、しびれや出血が起こるリスクがあります。

過剰歯が周囲の歯を押して、周囲の歯の歯根が溶けてしまう場合もあります。このように周囲の歯に悪い影響を与える場合は、過剰歯をすぐに抜歯しなければなりません。

抜歯が困難なケースは、お近くの大学病院などをご紹介します。

子供の過剰歯を治療するには?

過剰歯が見つかった場合の治療は、抜歯によって過剰歯を取り除き、永久歯が生えてくる際に悪い影響を与えないようにします。

歯茎の中に過剰歯が埋まっているのがレントゲンやCTでの撮影データで確認された場合は、歯茎を切開して埋伏している過剰歯を除去します。

過剰歯が埋まっている場所や、周囲の血管や神経との位置関係によっては、取り除くのが難しいケースもあります。

また、他の歯に影響がないと考えられる過剰歯は経過観察の対象になります。

子供の過剰歯が疑われるケースは?

過剰歯は上の前歯の中央部分でよく見られますので、前歯の間が空いてきた場合は、過剰歯が埋まっている疑いがあります。

しかし乳歯から永久歯に生え変わる時期には、歯と歯の間が空いてきてすきっ歯のように見えることが珍しくありませんので、過剰歯の診断には、レントゲン撮影が必要です。

乳歯が抜けた後、永久歯が生えてくる気配がない場合も、過剰歯が歯茎の中に埋まっている疑いがあります。こちらもレントゲンを見ればわかりますので、歯科を受診するようにしましょう。

まとめ

子供

子供の乳歯が20本以上、永久歯が28~32本よりも多い場合、過剰歯といいます。過剰歯は通常の歯のサイズよりも小さく、向きや場所が悪いと、他の歯に悪い影響を与えますので、子供の過剰歯の場合は抜歯することが殆どです。

抜歯するのが難しい場所に過剰歯があるケースでは、他の歯に影響がない場合は経過観察となりますが、早く抜いた方が良いと判断される場合は、大学病院の口腔外科などで抜歯することをおすすめします。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック