こども

小児矯正(第一期治療)とは?どんな装置で治すの?

小児矯正(一期治療)とは?どんな装置で治すの?

子供の歯の矯正治療を小児矯正といいます。小児矯正には第一期治療と第二期治療に分かれており、保護者の方には少々分かりにくい仕組みになっているかもしれません。小児矯正の第一期治療について、その目的は治療方法についてご説明します。

一期治療とは?

子供

一期治療は一般的に6歳くらいから始めることが出来、子供の永久歯が生え揃うまでの治療を行います。

最近の子供はやわらかい食べ物を好むようになったせいか、顎の小さい子が多いです。顎が成長しないと永久歯が並ぶためのスペースが足りなくなって、歯がきれいに並びきらずに歯列からはみ出して重なり、デコボコの歯並びになってしまいます。

一期治療ではそれを防ぐ為に、顎の成長を促して永久歯が生えるためのスペースを整えます。顎がきちんと成長することで、永久歯が重なって生えるのを予防します。

一期治療を始める時期については子供の成長によって違いますので、矯正担当医の診断によって決定します。顎の大きさが十分に発達してもきれいに揃った歯並びにならない場合は、二期治療が必要になる場合もあります。

小児矯正(一期治療)の目的は上下の顎の成長を促して永久歯が生えるスペースを作ること

一期治療のメリット

乳歯から永久歯への生えかわりの時期には、一時的にすきっ歯になったり、乳歯が抜けて歯のないところが目立ったり、乳歯の後ろ側から永久歯が生えてきているのに乳歯が抜けなかったり、様々なご相談があります。

多くの場合は、経過観察を行いながら子供の顎と歯の成長を見守ります。しかし経過観察だからといって放っておくのではなく、定期的にお口の中の様子をチェックして、歯並びの治療が必要な状態になっていないか、虫歯になっていないかなどを確認することが大切です。

顎が小さく、このままでは永久歯がきれいに並びきるためのスペースが足りないと診断された場合は、小児矯正の一期治療をすることで、顎の正常な発育を促すことが出来ます。

顎が小さいままで大きくなると、歯並びはガタガタになりますし、大人になってからの成人矯正では抜歯矯正になる確率が高くなります。一期治療を受けておくと、乳歯から永久歯への生えかわり時期に合わせて顎を成長させていき、永久歯が重ならずに並ぶためのスペースを確保できます。

一期治療のための矯正装置の種類

一期治療では子供のお口の発育状況によって、様々な矯正装置から選択することになります。

床矯正(取り外し式の装置)

床矯正

床矯正装置は取り外し式で、プラスチックのプレートで出来ています。その中央にはスクリューやスプリングが付いていて、スクリューを巻いて装置の形や大きさを調整しながら、子供の顎の骨に負荷をかけてゆっくりと顎を成長させていきます。

プレオルソ(マウスピース矯正)

プレオルソ

プレオルソは柔らかいポリウレタンでできているマウスピース型の矯正装置です。小学生の子供の場合は学校から帰ってからの1時間と、寝る時だけプレオルソをお口に入れます。学校で付けなくていいので、子供にとっての負担が少ない治療です。。

3~5歳の受け口(反対咬合)の子供の場合

受け口は早めの治療が良いとされています。小さいお子さんの場合も、装置をいれることができれば治療を開始します。

6~10歳くらいまでの子供の場合

乳歯では歯にガタガタがみられなくても、顎が小さく永久歯が生えてくる隙間がない場合は治療を開始します。

インビザラインファースト(マウスピース矯正)

インビザラインファースト

インビザラインは透明なマウスピースを一定期間ごとに付け替えて歯並びを整えるマウスピース型矯正装置です。

インビザラインは主に二期治療以降の大人の矯正治療に使われていましたが、子供の混合歯列期の治療に使えるインビザラインファーストという製品が開発されました。

子供の歯並びを悪くしてしまう癖について

歯並びを悪くするくせ

子供の悪い歯並びは癖によっても起こり、歯並びに悪い影響を与える癖がいくつかあります。これらはなるべく早めに治しておくのがベターです。

指しゃぶりの癖

指しゃぶりの癖があるお子さんは、指で上の前歯を上前方に押し上げたり、下の前歯を下後方に押し下げてしまい、出っ歯や開咬を引き起こします。

指しゃぶりによって歯を押す力はかなり強いものですので、注意が必要です。

舌で前歯を押す癖

舌で前歯の裏側を押す癖のあるお子さんがおられます。上の前歯の裏側を押し続けると出っ歯になりますので、癖をやめさせる必要があります。

口呼吸

最近、口呼吸のお子さんが増えています。口呼吸を続けると、舌の位置が下がってしまい、受け口になる原因の一つになります。

鼻呼吸をすると鼻がフィルタの役割をしてくれて、細菌やウイルスなどの異物を喉へ入れないように機能しますが、口呼吸では細菌やウイルスがダイレクトに喉から期間に入ってしまうため、風邪などの感染症を起こしやすくなります。

まとめ

子供

歯並びは大人になってからの矯正治療でも治すことは可能ですが、上下左右の小臼歯を抜歯して矯正治療を行うことが多いです。小児矯正(一期治療)で子供の間に矯正治療をして顎を大きくして大人の歯が生えるスペースを作っておくと、抜歯して歯並びを整えるリスクを減らすことが出来ます。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック