審美歯科

セラミックでアレルギーになる可能性はない?

セラミックでアレルギーになる可能性はない?

セラミックでアレルギーは起きませんが、あるタイプのセラミックを用いると、アレルギーの症状(皮膚のかゆみ)が出ることがあります。今からご説明します。

セラミックのメリット・デメリット

セラミッククラウン

一般的に、保険適用の銀歯や銀の被せ物と比べて、セラミックは白く、審美的な点に優れています。例えば前歯がむし歯になった場合、銀歯は目立ちますが、セラミックを使用すると周囲にも目立つことはありません。

自費診療になるので、保険の歯の治療と比べて、料金が高いという点がデメリットです。また、健康面で金属をお口の中に入れるのに抵抗がある患者様は、セラミックを選択されるのが良いでしょう。

セラミックの種類とは

詰め物や被せ物、ブリッジなど形状は様々ですが、今回は被せ物のセラミックの種類、およびメリット・デメリットをご紹介します。

メタルボンド

見た目の表側の部分のみ、セラミックを使われている冠(クラウン)です。裏側や中身は金属なので耐久性はあり、割れたり欠けたりすることが少ないです。ただし、歯の裏側は金属なので、審美性や金属のイオン化(唾液や口腔内の酸性化により金属が溶け出す)という健康へのトラブルが懸念されます。

ハイブリッドセラミック

セラミックにレジン(歯科用プラスチック)が混ざった素材で、作製されるかぶせ物です。セラミックのみより費用は安くなりますが、白い美しさについてはオールセラミックより劣ります。

オールセラミック

100%セラミック素材のみで作製される被せ物です。メタルボンドやハイブリッドセラミックと異なり、ホワイトニングを行ったご自分の天然の歯と違和感のない色に仕上がるので、審美性は高いです。

ジルコニアセラミック

ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれ、スペースシャトルの素材に使用されるほどの強度があります。セラミックは脆く割れやすい特徴で、歯ぎしりや食いしばりの癖の方にはおすすめできませんでしたが、ジルコニアセラミックは、噛み合わせでより負担の多い奥歯でも可能です。

金属アレルギーの人が使えないセラミックとは

金属アレルギーの方が歯科治療を行う場合、金属が原因ですので、メタルフリーの材質を選択することが大切です。虫歯や歯周病などで歯科医院へ通院される際は、治療を行う前に歯科医師やスタッフに金属アレルギーと伝えれば、安心して治療を受けられます。

また、セラミック治療を行う場合、メタルボンドは金が含まれ反応するので除外しましょう。また、二次むし歯を防ぐために、同じセラミック治療を行うならば、オールセラミックなどの素材を選択すべきと考えます。

二次むし歯とは
詰め物や被せ物などの治療を行った内部に細菌が侵入し、再度むし歯が発生する状態

まとめ

セラミックでの虫歯治療をお考えならば、二次虫歯になりにくいセラミック100%の材質を選びましょう。クリニックでドクターにご自身にあった最適な治療法を相談するのも一つの方法です。もちろん、歯並びを綺麗に改善するためのセラミック治療も、お口の状態によっては行えます。歯医者さんの無料カウンセリングを利用し、痛みや治療期間など相談しましょう。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック