虫歯

歯は削っても大丈夫なの?

歯は削っても大丈夫なの?
歯科医療では歯をなるべく削らない、なるべく抜かない、という治療が主流になってきました。しかし虫歯の進行度によってはどうしても歯を削る必要がある場合もあります。歯を削ることのリスクについてご説明します。

歯を削った場合の3つのリスク

歯を削られるのが好きな方はおられないと思います。歯医者が苦手で、診療チェアに座ってタービンの甲高い音を聞くだけで緊張してしまう方も多くおられます。

虫歯治療では虫歯になった部分をきれいに削って詰め物をするのが一般的な治療法ですが、研究が進むにつれて歯を削る治療法に対する考え方が少しずつ変化してきました。

歯を削ることにはデメリットが多く、歯を削るとさまざまな問題が発生することがわかってきたからです。

削ったところから虫歯になりやすくなる

一度歯を削ると、削った場所が虫歯になりやすいというデメリットがあります。治療のために削るのに、どうしてそこから虫歯になりやすくなるのか疑問に思われる事でしょう。

歯を削ると、削った部分には凹凸が出来、お口の中の細菌が付着しやすくなります。歯の凹凸の部分で虫歯菌が繁殖すると、その部分が虫歯になってしまい、周囲に広がっていきます。歯を削ることで、虫歯菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうことがあるのです。

また、削った部分を保険適用の銀歯で詰めたり被せたりすると、銀歯を装着した部分と歯の間に隙間が出来やすくなり、何年か経過した後にそこから二次虫歯になってしまう方が多いです。

痛みや知覚過敏のもとになる

歯を一部分でも削り取ると、歯の表面が内部の神経に近づきます。神経に近くなると痛みを感じやすくなり、冷たい食べ物や飲み物が歯にしみる知覚過敏を起こしやすくなります。

もし歯の神経に触れて激しい痛みが出る場合は、歯の神経を抜く治療が必要になることもあります。

歯髄を取らなければいけない場合にリスクがある

歯髄とは歯の神経のことです。虫歯が進行して深くなり、歯の神経まで虫歯になっている場合は、神経を抜かなければなりません。

神経を抜けばもう痛みは発生しないので安心かというと、そうではありません。痛みを感じないまま、その部分がまた虫歯になってしまう危険があります。痛みを感じないので、虫歯になっていることに気づかず、かなり悪化させて最終的に抜歯になってしまうこともあるのです。

とはいえ、削らずに治療できるのは初期虫歯だけで、歯に穴があいてしまうと削らざるを得ません。そのため出来るだけ初期のうちに虫歯を発見することが大事です。

歯を削った治療のあと痛みがあるとき

治療中は局部麻酔で痛みを感じない状態にしますが、治療後に麻酔が切れると痛みが出てくることがあります。この痛みの感じ方には個人差がありますが、知覚過敏のようなしみるような痛みを感じる場合があります。

このような痛みは痛み止めの薬を飲むことで抑えられます。もし痛み止めを飲んでも痛みが止まらない場合は、すぐに歯科医院にご連絡ください。

また、腫れや痛みは体が疲れた時などには激しく出る場合もあります。歯の治療中は出来るだけ激しい運動やストレスがかかるようなことを避けてお過ごしください。

歯を削って治療した場合、本当の意味で治るわけではない

歯を削って詰めたり被せたりする治療では、歯は治るわけではなく、修復されるだけです。それでも確かに痛みがなくなったり、噛めるようになったりと、患者さんのお悩みは解決します。

しかし削ってしまった部分はもう元に戻ることはありませんので、そうなる前の予防が大切ということを理解していただきたいと思います。

まとめ

虫歯

歯を削ると以上のようなデメリットがあります。しかし虫歯が進行してしまったら、削って治療しなければ、虫歯はどんどん悪化していきます。

その場合は仕方なく歯を削るわけですが、どの程度削るか、削った後は詰め物なのか被せ物になるのかは、歯科医師と十分に話し合って納得のいく歯科治療を受けるようにしてください。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック