歯と口のトラブル

歯医者で治療後だけど歯が痛いのはなぜ?

歯医者で治療後だけど歯が痛いのはなぜ?

歯医者でむし歯が見つかり、きちんと詰め物や銀歯の治療を受診したけれど、治療後もまだその歯の痛みが続くという場合があります。その原因についてご説明します。

原因その1・治療後に神経(歯髄)が敏感で歯が痛む

虫歯治療などの後に歯が痛む場合があります。一般的な虫歯治療の流れと合わせてご説明します。

一般的な虫歯治療の流れ

一般的な虫歯治療の流れとしては、まずこれから治療を行う歯の周囲に局部麻酔を行います。麻酔が十分に効いたことを確認してから歯を削ります。歯科医師がタービン・コントラアングルなどの器具(歯科医院により異なる)で歯を削り、ミュータンス菌などの細菌に侵された歯をしっかり削り取る(除去)ことをしたうえで、詰め物(インレー)をします。

痛みを感じるポイント

熱い・冷たい等の温度の刺激を感じ、歯の中にある神経が痛むという場合があります。虫歯を取り除く際のドリルの振動や、摩擦によって発生する熱、冷たい麻酔により神経はダメージを受けやすくなり、そのため治療の直後は食べ物や飲み物でしみやすくなったり痛むという現象に繋がります。これらの痛みは一時的なものですので、時間と共に痛みを感じなくなります。

原因その2・虫歯が大きくて神経が衰弱して歯が痛い

虫歯が進行していて、虫歯菌が歯の深い部分まで入り込んで歯を溶かし続けているケースでは、神経近くまで虫歯菌が侵食しています。それにより神経が弱ってしまい、先ほども申し上げたように、ダメージを受けている可能性があります。

ダメージを受けている神経ならば取り除けばいいと思われがちですが、神経はなるべく抜かないに越したことはありません。神経を抜いた歯と神経を抜かない歯を比較した場合、神経を抜いた(抜髄)歯は歯質が弱くなり、破折や抜歯などのトラブルを起こしがちで歯の寿命が短くなります。

原因その3・銀歯や詰め物など歯医者での処置により痛みが出る

金属素材の銀の詰め物や、セラミック素材の詰め物を患者さんの歯に入れた場合、噛み合わせが高くなり、痛みが生じる事があります。ドクターは噛み合わせの調整をしますが、違和感を覚える場合は患者さんご自身できちんと伝えましょう。

そうしなければ、咬むたびに違和感が生まれ、歯と骨の間のクッション組織である歯根膜までもがダメージを受け、噛むと痛いという症状がずっと付きまとい、他の残存歯にまで影響を及ぼします。

治療後の痛みで通院すべきかどうかのポイント

「治療後は大きな痛みがあると思ったけれど、段々痛みが小さくなっているように感じる」場合は様子に注意しながら、通常の生活を送っていただければ特に問題ありません。

「何も噛んでいないのにズキズキ痛みが続く」「日常生活に支障があるから痛み止めの薬をずっと服用している」場合は、すぐにクリニックへご来院をおすすめします。歯科医師やスタッフにご相談のうえ、適切な対処を行ってもらいましょう。

まとめ

女性

治療後以外の歯の痛み、例えば親知らずや予防歯科での不安などがある方は、一度ご相談ください。適切な治療の方法やオーラルケアの仕方など詳しくご紹介します。

茨木クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック